ボーイ(黒服)の副業は会社にバレる?両立させるポイントやメリットデメリットを詳しく解説!

目次

ボーイ(黒服)の副業は会社にバレる?両立させるポイントやメリットデメリットを詳しく解説!

ナイトワークの中でも人気の高いボーイ(黒服)は、シフトの融通が利きやすく高時給なため、副業として注目を集めています。

「現在よりも収入を増やしたい」

「夜の暇な時間帯を有効活用したい」

そんな考えを持っている人にもおすすめの職業です。

 

しかし、昼の仕事は副業が禁止の会社も多く、バレずに働けるのか気になる方も多いのではないしょうか?

 

そこで今回は、ボーイの副業が会社にバレる可能性と、本業と両立させるポイントについて解説していきます。

副業として夜職をすることへのメリット・デメリットも紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

ボーイ(黒服)の副業は稼げるの?

 

キャバクラなど夜のお店の従業員であるボーイ(黒服)。

店内清掃から準備・ウェイター業務・片付けなど様々な業務がありますが、ある程度経験を積むとお店の売上に関わる大事なポジションを任されることも。

 

まずは実際にどれくらい稼ぐことができるのか見ていきましょう。

 

 

ボーイ(黒服)のバイトは時給1500円スタートが多い

 

一般的には、時給1500円からスタートとなるお店が多く、普通のアルバイトと比べると比較的高い時給となっています。

 

正社員でもバイトでも仕事内容はほぼ変わらず、開店前の準備や清掃・ドリンクやフードの配膳・営業後の清掃など、お客様やキャストが店内で快適に過ごすためのサポートがメイン。

特別な資格やスキルは必要なく、数時間のみの出勤も可能なので短時間で高収入を得られやすいです。

 

また、役職が付いていればさらに給与は上がり、エリアによっても金額は変わってきます。

正社員やマネージャークラスになると月給25万~30万円以上です。

ある程度経験を積み、周りからの信頼が厚い方は昇給に繋がったり、よりやりがいのある業務内容などを任されます。

昼の仕事よりも高待遇・高収入を得られるようになることもあり、そのままボーイ(黒服)に転職する方も少なくありません!

低学歴(中卒・高卒)でも高収入が見込める勝ち組のお仕事情報! 低学歴(中卒・高卒)でも高収入が見込める勝ち組のお仕事情報!

 

アルバイトは正社員ほど稼げないので注意!

 

前述しているように、給料に関しては役職によって異なります。

正社員となると任せてもらえる業務の幅も広がり、より店舗経営に関わってくるようになるため、時給も上がっていくでしょう。

その分責任を伴っているということも忘れないでください。

 

アルバイトから正社員になりやすい環境ですので正社員雇用をしてくれることが多いですが、目先の報酬に目がくらみ、何となくなってしまうとこれまでのギャップできついと感じてしまう可能性がありますので、慎重に考えるようにしましょう。

 

ボーイ(黒服)は他の仕事よりも稼ぐことは出来ますが、それ以上の給料をいただくには経験や仕事ぶりが評価される必要がありますので、注意が必要です。

黒服とはどんな仕事?給料やメリットについても徹底解説! 黒服とはどんな仕事?給料やメリットについても徹底解説!

 

ボーイ(黒服)の副業は会社にバレない?意外な落とし穴に注意!

 

いざボーイとしての副業を決めても、会社にバレてしまう懸念からいまいち一歩を踏み出せない方のために、気にかけておくべき点について解説していきます!

 

 

「マイナンバー」で副業がバレる?

 

マイナンバーは全国民へ発行され、それにより公的手続きが簡略化されるようになりました。

 

個人情報をすべて管理しているため、副業をしている事実も把握されてしまうのではないかと思われがちですが、実はマイナンバーだけでバレることはありません。

その理由として、以下2点が挙げられます。

 

・行政機関から会社に従業員が副業している旨の通知をすることはない。

・会社から行政機関に従業員が副業をしているか問い合わせることは出来ない。

 

そのため、マイナンバーを所持しているだけで副業がバレる心配はありません。

 

 

副業がバレる原因は住民税と特別徴収?

 

 

副業を行っていることがバレる大きな要因は、住民税の支払いが『特別徴収』の場合です。

 

特別徴収とは、本人に代わって会社(事業主)が市町村区に納税する制度。

そのため、会社側が納税額を確認した際に、給料に対しての住民税の金額も当然把握されます。

その際に、副業分の給料も計算された住民税が設定され、調査をしているうちに「他の収入源があるのではないか」と疑われてしまいます。

 

一方で『普通徴収』は、会社を通さず自身で住民税を支払う制度。

全ての収入を自分で確定申告まで済ませれば、バレることは防げるはずです。

しかし、給与所得として受け取っている場合、普通徴収での納税は不可能と言えます。

最近では副業がOKになっている会社も増えているので、まずは会社に確認してみると良いでしょう。

 

また、ボーイ(黒服)としての副業の年間所得が20万円以上を超える、またはアルバイトとして給与を貰っている場合は、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

 

 

副業バレを防ぐなら「話さない」&「見られない」

 

会社内の人に副業を行っていることをうっかり話してしまうと、意図せず広まってしまう恐れがあります。

つい誰かに話したくなってしまうこともありますが、話す相手を選ぶようにしましょう。

 

また、働く姿を見られてしまうケースがあります。

キャバクラは飲食店ではあるため、誰が来店してもおかしくありません。

自身の勤めるお店に会社の人が来店すれば、高い確率でバレてしまうでしょう。

 

お店を選ぶ際は、会社の近くを避けることも意識すると良いかもしれません。

 

 

ボーイ(黒服)の副業のメリット3選

 

現在注目を集めているボーイ(黒服)ですが、実際に副業とすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

 

他のバイトに比べて給与や時給が高い傾向がある

 

ボーイ(黒服)は特に『稼げる』という点が魅力の一つです。

一般的なアルバイトの時給は平均1200円~1300円となるのに対し、ボーイは時給1500円からスタートというお店が多いため、他のアルバイトと比較をすると高い傾向があります。

 

掛け持ちで働くことは大変な部分もありますが、短時間で効率的に稼ぐことができるため、副業としてピッタリとされています。

 

 

学歴や職歴が関係ない

 

一般の企業に勤める場合、学歴はもちろん、職歴も重要視されています。

しかし、ボーイ(黒服)はそれらを問わずに働くことが可能です。

窓口が広いため、接客業の経験がない方や夜職未経験の方でも採用されやすくなっています。

 

成果を出したら出した分だけ評価をされる実力主義の世界となるため、自分の頑張り次第でチャンスを掴むことができる仕事です。

 

 

華やかな女性と出会えるチャンスがある(風紀に注意)

 

キャバクラは多くのキャストが所属しており、自然と接する機会も多くなる仕事です。

 

お客さんへ最高のおもてなしをするには、キャストの特徴などを把握しておく必要があるため、自然とコミュニケーションも増えていきます。

それだけ話す頻度が高ければ、お互い意識してしまうこともあるでしょう。

 

しかし、多くのキャバクラには『風紀』と呼ばれる決まりがあり、キャストとボーイ(黒服)の恋愛は禁止されています。

『出会い』を目的に働くことは避けてください。

 

 

ボーイ(黒服)の副業のデメリット3選

 

魅力的なポイントも多くありますが、働く上で良い面ばかりではありません。

副業としてボーイ(黒服)を選んだ場合のデメリットも解説していきます。

 

 

昼職と掛け持ちの場合は体力的に辛い

 

キャバクラやその他のナイトワークの営業は夕方〜深夜が一般的です。

そのため、ボーイ(黒服)を副業とする場合は、日中に仕事をしてから夜に出勤する流れとなるでしょう。

 

そのため睡眠時間が削られてしまったり、自分の時間も取りづらくなります。

収入は増えても、忙しさのあまり体調を崩してしまうという方も少なくはありません。

『健康第一』ともいわれるように、仕事をするためにも健康でいることは大切なことなので、翌日に予定を入れないようにするなどの工夫を意識しましょう。

 

 

お客さんやキャストへの対応でストレスが溜まりやすい

 

ボーイ(黒服)はお店の調整役を担うため、たくさんのお客さんと接する機会も多い職種です。

オーダーや配膳のミス・席替えを行うタイミングなどで相手の期限を損ねてしまうと、罵声を浴びせられるなんてことも…

 

また、酔っぱらってしまうお客さんも多いため、無茶ぶりの要求や気分が高ぶって言動が荒くなってしまうこともあるでしょう。

キャストからは雑に扱われたり、女性の裏の顔が垣間見えた際に疲れを感じることもしばしば。

 

常に周りへの対応に気を遣いながら行動しなくてはならないため、日々のストレスの要因にもなるので、趣味でリフレッシュする時間はしっかりと作りましょう。

 

 

誘惑が多いためお金をたくさん使ってしまうかも

 

初めは生活の足しにするために始めたつもりでも、思わぬ収入を得ることによって今までの金銭感覚とのズレが生じることもあります。

 

また、上下関係もしっかりしており体育会系の環境となるので、付き合いも多くなるでしょう。

周りの誘惑に流されないように、当初の目的を忘れずにすることが大切です。

 

 

ボーイ(黒服)を副業にする際のポイント!

 

実際にボーイ(黒服)として副業にするにあたり、どのような点に注意するべきなのでしょうか?

以下にて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

本業と両立しやすいお店を探す

 

ボーイ(黒服)は場合によっては勤務時間が伸びることがあります。

その分稼ぐことは出来ますが、夜の時間帯で働くことになるので生活が不規則になりがちです。

実力が認められるほど責任も伴ってくるので、軽い気持ちで始めることはおすすめできません。

 

より短時間である程度の収入を得ることのできる『送りドライバー』もおすすめです。

 

・どのくらい稼ぎたいのか

・どの職種の生活リズムが合っているのか

 

というような、副業を始めるにあたっての動機や条件などを改めて考えてから挑戦するようにしましょう。

 

 

スケジュール管理に注意する

 

キャバクラは基本的に午前0時〜1時に営業終了となり、その後は店内清掃を行うため、帰宅できるのは午前3時頃になります。

時には予期せぬトラブルやイレギュラー対応に追われ、残業となってしまうことも。

そうなると、帰りの時間もさらに遅くなります。

 

このようにナイトワークも行うとなると、睡眠時間が削られてしまったり、本業に影響が及ぶこともあるでしょう。

 

また、稼げるからと言ってたくさんシフトを入れてしまうと、プライベートの時間が確保しづらくなることもあるので、自身を労わるためにもスケジュール管理は重要なポイントです。

 

 

体調管理に気を付ける

 

前述したように、本業との兼ね合いやお客さん・キャストへの対応から生活が乱れたり、疲れが溜まりやすくなります。

 

また、本業に支障をきたすような結果となってしまっては元も子もないので、自身のキャパシティを超えないように、しっかり調整をすることが大切です。

 

稼ぎたくなってしまう気持ちは誰しも持つかもしれませんが、しっかり休むことも必要なので無理のない副業生活を心掛けましょう。

 

 

まとめ

 

以上、ボーイ(黒服)の副業は会社にバレるのか、ボーイとして働くメリット・デメリットについてご紹介させていただきました。

 

ボーイ(黒服)は高時給かつシフトの融通が利きやすいため副業として人気があります。

会社にバレる可能性や働く上でメリット・デメリットも考えられるため、リスクについても慎重に検討しましょう。

 

これから副業としてナイトワークを考えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います!

 

ジョブショコラではあなたにぴったりの求人を全国から集めて掲載しています。

ボーイ(黒服)バイトの求人も豊富なので、ぜひ一度チェックしてみてください。

■ナイトワーク正社員求人を探す

 

#黒服 #キャバクラボーイ #ジョブショコラ #副業 #バイト #稼げる

キャバクラボーイの仕事をエリアで検索

関東エリア
関西エリア
東海エリア
九州・沖縄エリア
北海道・東北エリア
北関東エリア
北陸・甲信越エリア
中国・四国エリア