働く前に要チェック!キャバクラボーイ(黒服)の「身だしなみ」で大切なポイントは?

目次

働く前に要チェック!キャバクラボーイ(黒服)の「身だしなみ」で大切なポイントは?

一般的にキャバクラのホールスタッフを担っている従業員を『キャバクラボーイ』と呼んでいます。

また、キャストを統括したり、お店の経営に関わるスタッフを『黒服』と呼んでおり、役割が区別されている場合もあるようです。

彼らがいなければお店の営業は成り立たないため、縁の下の力持ちとして重要な役割を担っていると言えるでしょう。

営業中はウェイターとしての業務がメインではありますが、営業前後の店内清掃・準備・片付けやキャストとのコミュニケーションなども必須となります。

ナイトワークといえば、かっちりした正装で働くイメージが強い職業ですが

「実際はどのような服装で働いているのか」

「制服があったり、身なりに関するルールはあるのか」

そんな疑問を抱かれる方も多いのではないでしょうか?

 

この記事ではキャバクラボーイの『身だしなみ』について解説していきます!

よくあるお悩みについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

キャバクラボーイ(黒服)が気を付けるべき「身だしなみ」の重要ポイント3選

 

サポートとしてお客様対応やキャストのマネジメントなど、人と関わる機会の多い役回り。

飲食店ではありますが、ナイトワークのため雰囲気やお店のコンセプトが重要視されていて、ボーイの印象がそのままお店の印象に直結することも。

 

そのため、身なりは常に気を使っておく必要があると言えるでしょう。

まずは、とくに抑えておきたいポイントを紹介していきます。

【キャバクラボーイ】未経験者さん必見!仕事内容や、ナイトワーク業界に入社するまでの流れを解説! 【キャバクラボーイ】未経験者さん必見!仕事内容や、ナイトワーク業界に入社するまでの流れを解説!

1.髪型・ヒゲは基本自由!しかし注意が必要。

 

求人の中には『髪型自由』『ヒゲOK』などと記載されているものも多く見られるため、見た目の縛りはあまり厳しくないと言えます。

しかし、髪の毛が寝ぐせでボサボサしていたり、伸ばしっぱなしの無精ヒゲのまま働くのはNG。

周りに汚い印象を与えないよう、ワックスでセットする・毎日お手入れをするなどの対策を心がけましょう!

 

また『お店の主役であるキャストより目立たないようにする』ことも大事になってきます。

そのため、髪色についても注意が必要です。

 

金髪や明るい髪色・派手髪は避け、暗めの茶色や黒色などが好まれます。

高級店では髪を染めること自体を禁止しているケースもあるため、黒髪であれば働けるお店の選択肢が増えるでしょう!

 

2.口臭や体臭などニオイに注意

 

見た目に気を付けるのが最優先ですが、ニオイのケアも怠ってはいけません!

 

キャバクラボーイ(黒服)は営業中のほとんどが店内を動き回る仕事なので、汗をかくこともあるでしょう。

休憩中にはタバコを吸ったり、お客様やキャストが吸っているタバコのニオイが染みつくことも…。

 

お客様やキャストとの会話が必須の接客業であるため「臭い」という悪い印象が残ってしまうと、お

客様に不快な思いをさせてしまい、お店側の不利益になってしまうかもしれません。

 

そのため、毎食後や休憩中の歯磨きやブレスケアはもちろん、汗拭きシートや消臭スプレー、香水の活用でしっかり対策をとることが大切です◎

だからといって香水をかけすぎてしまい、ニオイが強くなってしまうのは逆効果。

首元や手首に軽く吹きかける程度に留めておきましょう!

 

身だしなみと言われると服装や髪型などに目が行きがちですが、見えない部分も気を使う必要があるので注意が必要です。

 

3.清潔感はとても大切!

 

前述した髪型・髪色・ヒゲの見た目を意識することはとても重要です。

さらに、爪を短く保つ、きちんとスキンケアをする、靴を磨くといったこともポイントになります。

 

「〇〇さんは汚いな」なんて印象を持たれたことを想像してみてください。

楽しく働いている女の子たちも、お店での居心地が悪くなってしまいますよね。

 

キャストから思われるということは、お客様からも同じことを思われているでしょう。

最悪の場合、それが原因で来店してくれなくなってしまうなんてことも。

 

『汚れがなくキレイ』な見た目であることは周りの方からの好感度も高くなります。

お客様に失礼のないようにすることはキャバクラボーイ(黒服)として最低限のマナーなので、自身の身だしなみについて見直してみるのもいいかもしれません!

 

働く時の服装は?スーツを持っていない場合はどうする?

 

キャバクラボーイ(黒服)の服装といえば『黒色スーツ+ネクタイ』を想像する方が多いかと思います。

 

「スーツを所持していないけど働いてみたい」

「自前のスーツは持っているけど、実際に働くときに着て大丈夫か」

 

様々な疑問を抱いている方もいるかと思いますが、ここからは服装について説明していきます!

 

基本は黒色のスーツを着用する

 

キャバクラボーイは『黒服』とも呼ばれているように、基本的にスーツの色は黒で無地のものがベストと言われています。

 

なぜかというと、前述したようにキャバクラでの主役となるキャストやお客様より目立たないようにするためです。

そのため、チェックやストライプなど、柄物のスーツも不適切とされます。

シンプルなデザインのスーツに白いYシャツ+黒ベースのネクタイを着用するのが一般的です。

お店によっては黒以外の色でも可能なところもあるので、事前に確認をするのが良いでしょう◎

 

また、服装の一部として足元も重要な身だしなみのポイントです。

せっかくスーツできちっと決めても、スニーカーやカジュアルな靴では恰好がつきません。

そのため、黒色や茶色など暗い色味の革靴がベストとされています。

長時間の立ち仕事になるので革靴は疲れるイメージですが、最近ではスニーカーのような履き心地を売りにしている革靴もあるのでオススメです!

 

お店によっては、スーツを貸出をしてくれるところも

 

キャバクラでは女性キャストのためにレンタルドレスを用意しているところも多いですが、男性向けにスーツの貸出を行っているお店もあります。

中にはスーツだけではなく、ネクタイや革靴などの貸出までしてくれる場合も◎

 

「手持ちのお金がなくスーツを用意できない…」

「スーツを着用する仕事に就いたことがなく持っていない…」

 

夜職を始める上でこういったお悩みがある方は多くいますが、そういった方を助けてくれるお店はたくさんあります。

応募する前や面接の際に担当者の方へしっかりと確認をしておきましょう!

 

スーツは高級なものでなくてOK

 

キャバクラといえば内装も豪華で高級感があり、キャストも綺麗で煌びやかなドレスを身に纏っているイメージがありますよね。

そのため「自分自身の服装も高価である必要があるのでは?」と不安に思う方も多いでしょう。

しかし、新人の場合にはそれほど高価なスーツでなくても、5,000円~10,000円以内で購入できるお手頃価格のもので問題ありません。

 

清掃業務中に汚れてしまう可能性もありますし、営業中にお酒をこぼす・こぼされてしまうなんてことも。

特に新人の場合は、接客以外にも買い出し、ドリンクやフードの配膳で店内を歩きまわるため、汗をかいてしまうことが多く汚れてしまいがちです。

 

その場合は洗濯やクリーニングなども必要になってくるため、お手頃価格のスーツを何着か着回す対応がオススメ!

仕事に慣れてきた・昇格した際などに、自分へのご褒美として高級スーツを買ったりするのは、モチベーションにも繋がるので良いかもしれません◎

 

キャバクラボーイ(黒服)の「身だしなみ」でよくあるお悩み

 

ここまで働く上での基本的な服装やマナーについて説明してきましたが、Yシャツやネクタイ、小物にも気を配る必要があります。

ネクタイ一つとっても、色や太さ、レギュラータイから蝶ネクタイまで幅広く、選ぶのに迷ってしまうはずです。

 

ですが、こちらもスーツ選びとほとんど同じで基本的なルールがありますますので、開設していきましょう!

 

スーツに合わせるYシャツは何色がいいの?

 

白で無地というシンプルなものを着用するのが一般的です。

 

派手な色味や柄物はお客様に怖いイメージを与えてしまう恐れがあります。

結果的にお店の印象が悪くなってしまうことも考えられるので、シンプルな白いYシャツが無難です。

スーツ選びのポイントでも挙げましたが、お店の主役であるキャストやお客様より目立つことがないように注意しましょう。

お店によってはシンプルなものであれば色物でも可能なところもあるため、事前の確認が必須です。

 

スーツを複数持っていると便利なように、Yシャツも複数枚持っておくようにしましょう!

繰り返し着用しているとシワがついたり、汗をかく場面が多いと襟元が黄ばんできます。

清潔感を保つためにも替えを用意しておくのがベスト◎

 

1,000円程でお手頃価格で購入できるYシャツはたくさんあります!

クリーニング代も1枚あたり150円~といった店舗も多いので、定期的にクリーニングに出しておきましょう。

 

ネクタイの色・柄は?

 

Yシャツと同様に派手な色味や柄物は避けましょう。

例えば、濃い目のグレーや紺などシンプルなものを選ぶと良いです。

しかし、『黒色スーツ+黒色ネクタイ』の組み合わせは喪服や不幸を連想させてしまうため、あまり好ましくありません。

 

また、お店によって異なりますが、一般的な『レギュラータイ』ではなく、『蝶ネクタイ』の着用がルールとなっているところもあります。

どういったスタイルになるのか、ルールがあるのかについてもお店に確認しておきましょう。

 

ジャケットは必ず着用すべき?

 

店内を動き回ることが多いキャバクラボーイ(黒服)。

そのため、動きやすさを重視して着用しなくてもいいというお店も少なくありません。

 

その場合は、Yシャツ+ネクタイ+ベストというスタイルが一般的です。

ボタンを開けたままにしておく、ベストの下からYシャツがはみ出してしまうのはもちろんNG!

だらしのない印象を与えてしまうおそれがあるので、ボタンをしっかり締め、フォーマルに着こなすようにしましょう。

 

タイピンや時計などの小物は必要?

 

特に着用が必須なお店が多いわけではありませんが、基本的な格好に合わせて、スーツにあった小物を身に着けておくことがオススメです。

もしなくても仕事に支障はありませんが、キャバクラボーイ(黒服)としてスマートな見た目となり見栄えはよくなります。

お客様がご来店された際に身なりが整っているスタッフがいると、自分自身の評価やお店に対しての印象も良くなりますよね。

 

とはいえ、ハイブランドの商品を用意する必要はありません。

最近では小物をセット価格で売っている場合も多く、手軽に揃えることができます!

スーツ同様に10,000円以内で揃えられるため用意しておくのも良いでしょう。

 

まとめ

 

キャバクラボーイ(黒服)の身だしなみについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

【服装】

・スーツは黒色が基本

・ネクタイは紺色や濃いグレーなど黒色を避ける

・靴は黒色や茶色など落ち着いた色味の革靴を着用

・ネクタイピンや時計などの小物も身に着けておくと◎

 

【身だしなみ】

・髪型やヒゲは基本自由だが、きちんとセットやお手入れをする

・ニオイケアを怠らない

・清潔感を意識する

 

一見お堅いルールなどがあるように思われがちですが、高価なアイテムを用意しておく必要もなく、自分自身の意識次第で解決できる内容になります。

スーツについてはレンタル出来るところもあったり、最近はネットから気軽に購入できたりとすぐ手元に用意することが可能です。

お店によってルールが異なるので、働くことが決まった後に認識の相違がないように事前の確認をしっかりと行うようにしましょう。

 

これからキャバクラボーイ(黒服)として働こうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ジョブショコラでは、夜職が初めての方でも働きやすい優良店の求人を多数掲載しています!

あなたにピッタリな条件でお仕事を探すなら、ぜひ求人情報をチェックしてみてくださいね。

■ナイトワーク正社員求人を探す

 

#黒服 #キャバクラボーイ #ジョブショコラ #身だしなみ #スーツ #服装 

キャバクラボーイの仕事をエリアで検索

関東エリア
関西エリア
東海エリア
九州・沖縄エリア
北海道・東北エリア
北関東エリア
北陸・甲信越エリア
中国・四国エリア